[blender]配列とカーブモディファイアで簡単にキャタピラを作る方法

blender2.82使用
キャタピラを作る方法は色々あると思いますが、今回は比較的簡易的な方法を紹介します。
ただし注意点もあります。














キャタピラのパーツを作る
と言っても今回は単純なCubeを編集モードでZ軸に縮小したものを使います。


次にこのCubeに配列モディファイアを追加します。
オフセットを適当に増やして間隔が開くようにしてください
ここでは数は適当です。





次にカーブの円を追加しキャタピラのような形に変形します。





次にCubeに下ーブモディファイアを追加し先ほど作ったカーブを指定してください。
そして配列モディファイアのオフセットの値や数を調節してください。


カーブを動かしてみます。
キャタピラが動きましたが逆方向に動いているのでカーブを編集モードで向きを反転させます。
これでキャタピラが動くようになりました。


しかし、一見するとうまく動いているように見えますがよく見るとCubeが変形しています。
カーブモディファイアの影響によるものです。
細かいですがキャタピラは変形しませんので別の方法をとる必要があります。








インスタンス化を使って変形を回避する
さっきは直接キャタピラにカーブモディファイを使ったためにキャタピラが変形してしまいました。
今度はベルト状のオブジェクトの面にインスタンス化を使う事で変形を回避します。

まずカーブモディファイアを削除しましょう。





次にPlaneを追加してキャタピラの長さに合わせループカットで分割数をキャタピラの数と合わせましょう。




次にこのPlaneにカーブモディファイを追加します。
先端と終端がくっつくように編集モードで拡大縮小を使って調整しましょう。




次にCubeの配列モディファイアを削除し、Planeの子供にしましょう。
そしてPlaneを選択しインスタンス化の面を選択、「インスタンサーを表示」と「インスタンサーをレンダリング」のチェックを外します。


これでPlaneの各面にCubeが複製されます。
カーブを動かしてみてください。
今度はCubeが変形せずにアニメーションすることが分かります。
カーブを直接動かしても良いのですがエンプティなどの子供にして親を動かすと使いやすいですよ。