[blender]配列モディファイアのあまり知られていない機能[小ネタ]

blender2.82a使用
以前に[blender]渦巻とバネを作る方法[アニメーション]で配列モディファイアとカーブモディファイアを使いました。
今回それとは結果が異なるのですが配列モディファイアだけでも螺旋や渦巻状にオブジェクトを配置する事ができます。直線状に配置するだけではないのですよ。

その他に始端と終端オブジェクトも紹介します。


配列モディファイアのオフセットオブジェクト
オフセットオブジェクトに何でも良いのですが、エンプティ何かを指定してそれを移動や回転、拡大縮小を行う事で一直線以外にも複製する事が出来ます。
使い方次第で螺旋や渦巻を作る事が出来ます。
もちろんオフセットオブジェクトをアニメーションさせれば配列もアニメーションできますよ。






始端と終端オブジェクト
配列オブジェクトには始端と終端のオブジェクトを指定できます。特にシームレスにつなげたい場合は配列元のオブジェクトを基準に編集するのが良いでしょう。今回の場合はデフォルトのCubeを使っているので始端と終端オブジェクトもCubeを使います。

始端のオブジェクトでは片方の端を広げています。その後反対の面を削除しています。これはマージ後、スムーズシェーディング時に影響が出ないようにするためです。

次に終端オブジェクトですが、始端オブジェクトを複製して編集モードで中央を基点に180度Z軸で回転させています。オブジェクトモードで回転させた場合始端オブジェクトと同一になってしまうのでCTRL+Aで回転を適用してください。

そして配列オブジェクトの始端と終端にそれぞれのオブジェクトを指定してください。
これで複製数を変えても始端と終端オブジェクトは常に最初と最後に配置されます。

スムーズシェーディングをしたら配列オブジェクトに変な影ができてしまいました。これは元のCubeの両端に面が貼られているためです。なので編集モードで両端の面を削除しましょう。これでスムーズシェーディングが正常になりました。


いかがだったでしょうか?
意外と使っていない機能があったのではないでしょうか?
でも便利ですよ。