[blender]左右対称のシェイプキーから半分だけのシェイプキーを作る方法

blender2.82a使用
前回の[blender]ミラーモディファイアを使ったままアーマチュアでアニメーションさせる方法では左右非対称のシェイプキーを使う事ができませんでした。しかしキャラクターともなると左右非対称のシェイプキーは必須とも言えます。
ですが、ミラーモディファイアを使う限り左右非対称のシェイプキーは使う事が出来ません。




でも左右のシェイプキーを何となくで作るのは嫌ですよね?
そんな時に使える方法を紹介します。


[blender]ドライバーを使ってシェイプキーでボーンの角度と連動させ形状を補正でも書きましたが基本的にシェイプキーはモデリングが完成してから作る物です。そうでないとシェイプキーが壊れたりモディファイアが適用できなくなるからです。

何はともあれミラーモディファイアを適用する
キャラクターともなると全てが左右対称とは限りませんが、大抵の場合顔は左右対称でしょう。
今回はCubeで済ませますが、左右対称の顔だと思ってください。
まずはシェイプキーを削除してミラーモディファイアを適用しましょう。



これでオブジェクトは完全な左右対称になったはずです。
左右対称という事は編集モードの対称が効くという事です。
これを利用して左右対称のシェイプキーを作ります。














左半身と右半身の頂点グループを作る
左右非対称のシェイプキーを作る為に左右それぞれの頂点グループを作ります。
名前は何でも良いのですが分かりやすいように_L、_Rとでもしておきましょうか。
それぞれの頂点グループに左半身と右半身でウェイト1を割り当ててください。


シェイプキーを左右非対称化
頂点グループができたらシェイプキーを1にした状態で「新シェイプをミックスから作成」でシェイプキーを複製しましょう。
そうしたら、片方のシェイプキーには頂点グループに_Lを、もう片方には_Rを指定します。これで左右片方ずつのシェイプキーが作成できます。


実は別の方法もあります。シェイプキーには左右反転機能があるのでそれを使って同じような事は可能です。
シェイプキーの反転を使って同じような事は可能だが・・・


しかし左右対称のシェイプキーを作る事は全体のバランスを確認できるという利点があります。特に顔のような繊細なオブジェクトの場合は特に左右のバランスが重要です。


左半身と右半身の頂点グループを作る都合上、中心の頂点は削除した方が良いかもしれませんね。シェイプキーを作る前に作業しましょう。