[blender]ミラーモディファイアを使ったままアーマチュアでアニメーションさせる方法

blender2.82a使用
完全な左右対称のオブジェクトならミラーモディファイアを使ったままアーマチュアでアニメーションさせる事もできます。その際、テクスチャは左右非対称に設定する事もできます。

今回はその方法を紹介します。
車などに良いのではないでしょうか?


ただしシェイプキーだけは注意が必要です。
ミラーモディファイアを使った場合左右非対称のシェイプキーは作れません。
またシェイプキーを作った状態ではモディファイアを適用できません。
大量にシェイプキーを作った後に気付いても後の祭りなので気を付けましょう。

[blender]ドライバーを使ってシェイプキーでボーンの角度と連動させ形状を補正でもこの事に触れているのご覧ください




大切なのはモディファイアの順番
モディファイアは上から順番に処理されます。
なのでアーマチュア、ミラーの順番だとアーマチュアで変形した結果がミラーされます。
ミラーモディファイアを使ったオブジェクトをアーマチュアで変形させるには
ミラー、アーマチュアの順に設定しましょう。
これで左右対称のオブジェクトに対してアーマチュアで変形できます。





もうひとつ大切な事があります。
ミラーモディファイアのオプションの頂点グループにチェックを入れる事です。
ボーンウェイトとは頂点グループなのでチェックを入れる必要があるのです。


アーマチュアについては[blender]アーマチュアとウェイトペイントの方法ご覧ください。

ウェイトの調整
ミラーモディファイアを使っている場合半分は実体がないので、実体の方をウェイト調整しましょう。ウェイトペイントも実体の方しかペイントできません。




テクスチャを貼る
こんなテクスチャを用意しました。
この画像を使ってテクスチャを貼ってみましょう。
テクスチャを貼るにはUVmapが必要です。
今回は平面なので最初からUVが出来ていますが、一応UV展開します。
編集モードに入り全選択してUキーから展開します。
そして上の画像を開きます。
その後、平面のマテリアルのベースカラーに画像テクスチャを設定します。



テクスチャが左右対象になっていますね。


テクスチャを左右非対称にする
ミラーモディファイアのテクスチャのU軸反転、V軸反転、U軸のオフセット、V軸のオフセットで左右非対称のテクスチャを設定できます。





編集モードにしてUVエディターのUV同期選択をオンにします。これで3DビューとUVビューの選択が同期されます。
平面の下二つの頂点を選択し、UVエディターで2を囲うように移動させます。
その後、ミラーモディファイアのテクスチャのU軸反転にチェックを入れると左右で別々の領域をテクスチャとして貼る事ができます。





UVを回転すると分かりやすいでしょうか?


これでミラーモディファイアを使いつつ左右非対称のテクスチャを貼る事ができました。
左右非対称のシェイプキーが必要ない場合はこちらの方が便利な事もありますよ。



左右非対称なシェイプキーを使いたい場合は
[blender]左右対称のシェイプキーから半分だけのシェイプキーを作る方法をご覧ください